JETとは 関連団体 JET参加希望者 現役JET参加者 元JET参加者

JETプログラムの3つの職種

JETプログラム参加者は次のような職種で来日します。:外国語指導助手(ALT)、国際交流員(CIR)又はスポーツ国際交流員(SEA)。

 

職種に関わらず、JET参加者は、地域の外国語教育及び国際化の向上を目的としています。

>> JET参加者の声

 

assistant language teacher

【外国語指導助手(ALT)】

外国語指導助手(ALT:Assistant Language Teacher)は主に学校又は教育委員会に配属されます。日本人外国語担当教員の助手として外国語授業に携わり、又教育教材の準備や英語研究会のような課外活動などに従事します。JET参加者の90%以上がALTです。

 

 

coordinator for international relations

【国際交流員(CIR)】

国際交流員(CIR: Coordinator for International Relations)は、主に地方公共団体の国際交流担当部局等に配属され、国際交流活動に従事します。その職務内容から、応募者には高い日本語能力が求められます。

 

 

 

sports exchange advisor

【スポーツ国際交流員(SEA)】

SEAは主に地方公共団体に配属され、スポーツ指導等を行います。特定種目のスポーツの専門家として、スポーツトレーニング方法やスポーツ関連事業の立案の補助などを通じて国際交流活動に従事します。平成24年度JETプログラムにおいては、9名のSEAが全国に配置されています。

 

 

※SEAの募集はALTやCIRと大きく異なります。またSEAへの応募者は募集選考国の国内オリンピック委員会や他の政府組織による推薦が必要です。